TITLE: Oldpark – Knit shawl cardigan -

こんにちは。さいごうです。

 

 

神戸はもう気温がぐっと下がり、

秋が深まる・・・というより冬の匂いがしてきました。



 

なんて言っている本日は「HALLOWEEN」ですね!

早い所では先週から、そして終わるのが今週の土日。と、いったいなにをもって

ハロウィンなのかもはや分かりませんね。。

と、まあ来年も同じようなことを書いてそうな気もしますが。

 

 

そんな繰り返しの日々、新しいモノが生まれている中、

「どんな新しいモノに出会えるんだろう」という「出会う」喜び。

 

年月の経過により深まり、

時間、場所すべてを通り越したひとつだけのモノを「探す」喜び。

 

 

新しくこれから作られるものが「コト」、年月が立つほど深まるVINTAGEは「モノ」

 

本日は「Oldpark」のご紹介です。

 

 

 

 

Designer:中村仁紀

 

経年変化によって生まれる味やヨレ感を愛し、リプロダクトを行う

 

長年の経験に裏打ちされた確かなクリエーション、より良い素材に出会ったときのみ

 

アイテムをリリースするという頑な意志の元、立ち上がったブランド

 

トリッキーでありながらも流行や市場に媚びない独自のクリエーションと

 

その繊細な作りこみが特徴。

 

 -Oldpark-   Knit Swawl Cardigan ¥37,850-(tax in)



 

Fab4では1stからのお取り扱いになるのでおなじみかと思います。

 

ショールカラーのニットガウンで古着でも人気のある型ですが、

 

古着特有のアームが大きかったり、着丈が、、

 

と言ったサイズ面で諦めてしまいがちですよね。

 

こちらは肩幅、身幅、着丈がキレイすぎないほど良いゆるさで作られています。

 

 

VINTAGEのニットを解体し贅沢に再構築されたこの1着はとても貴重な一枚で、

サイズ展開はありますが全て一点モノのアソートになります。

 

 

様々な場所、時代を経て集められたニットですので柄もアーガイル、ノルディック、糸の太さも編み方もすべてバラバラ。

 

アウターのインナーとして、またはカットソーの上からざっくり着ていただけます。

 

個人的には男女問わずデニムでさらっと着て欲しいです。



 

 袖口の部分はニットのなかでも柔らかいものを選別し、

機能面での心遣いがぐっときますね。柄もとてもかわいいです。



今回、内側にカットソー生地を貼付けることでウール等のちくちく感もなく、

着心地良く長いシーズン着て頂けますのでいまからニット探されている方におすすめです。




店頭では他にも今シーズントレンドでもあるスウェットを始めとした、

ニット、アウターも充実していますのでぜひお試しになって下さい。




model / Tomoki Mori (TICK-TOCK Tor-west)

 

こちらでカット、カラーモデル、コンテストモデル募集中とのことです。ぜひ!!






Fab4 Facebook  ,  Fab4 twitter ではクイックな情報をお届けしています。

 

合わせてご覧になってみてください。

 

 

 

Fab4

 

3F Thanks BLD 2-5-8 Sannomiyacho Kobe city

078-327-8285

 

 

TITLE: Wednesday



おはようございます。

nokuです。

いい天気ですね。突然ですが、fab4で今期から取り扱っている- NOWHAW -のパジャマ気になります、、、。

とくにこのタイプ



こんな素敵なパジャマで寝たり、コンビニにお出かけできるの楽しそうじゃないですか??
11月下旬に入荷予定らしいので今から楽しみですね*

さて、本日も夢のような作品を創るアーティストをご紹介。。。

Pavel Platonov



ロシア人のアーティスト

アクセサリーや木製の3次元オブジェなどをデザインし、写真に納め発表している。幻想的で素晴らしい!!!

ほかにもこんな作品が!!!




立体的な折り紙のようなそんな感覚。。。

具現化する表現力には脱帽。。。

美容師とも通じるものを痛感

そんな刺激的な1日の始まり

それでは、みなさま素敵な1週間をお過ごしください。

TITLE: MONDAY

 

じ‐だい【時代】

1 社会構造・政治形態や文化・思想など、ある目安によって区分された、相当の長さの歴史的期間。年代。「―の流れ」「平安―」「封建―」

2 何かの意味における一定の時の長さ。時勢。「―が変わる」「地方文化の―」「―の波に乗る」

3 その当時。当代。特に、現代。「―の申し子」「―の先端を行く」

4 人の一生におけるある時期。「幸福な―もあった」「学生―」

5 時がたって古びていること。「―を帯びる」「―を感じさせる」

 

 

R.I.P. Lou Reed