TITLE: URU – Turtle L/S TEE -

URU – Turtle L/S TEE / WHITE -


URU – Turtle L/S TEE / BLACK -


ファブリックはコットンリネンを使用。ボディは天竺編み。タートルネックの部分はリブ編みに。編みが甘い生地を使用する事で、ゆったりとしたシルエットながら肌に吸い付くようすることで綺麗なシルエットを演出。深めのサイドスリットはインナーとの重ねることで動きとカラーのコントラストを。着用することを考慮にいれた美しいシルエットデザインが光る逸品。


- URU -


 Style Name : Turtle L/S TEE

 Color : WHITE / BLACK

 Size : 1 / 2

Material :  Cotton 85% LINEN15%

 Price : ¥14,700- (tax inc)


- URU -


Fab4

3F Thanks BLD 2-5-8 Sannomiyacho Kobe city

078-327-8285


FAB4 ON FACEBOOK

FAB4 ON TwItter


TITLE: Wednesday



おはようございます。

nokuです。

2月も目前!!!

春夏商品が巷では並べられていますが、バーゲン終わって散財しているので、誘惑に耐えるnoku。

“fab4″にも春夏もので埋め尽くされているのでは??(良いものは早くなくなるので、急いでfab4へ行かなければですね!!!)

さてさて、本日は私の気になるアーティストをご紹介。

「美しく怖いものはない。。。」

なんて言葉がありますが、、、

そんな作品を創りだす”SARAH SCHOENFELD ”

ベルリン在住の彼女の想像する作品は、神話、歴史、記憶とアイデンティティが作品の根底として確率されており、とくにこの作品は薬物の物質を映し出したものであり、考え深い作品なのです。。。

Спид (Speed+Magic)



Орфирил (Orphiril)



Мет (Crystal Meth)



Метилон (Metilon)



しかし結晶のようで、鉱石をきれいに半分に割った断面のような。。。

薬物とは思えない、とても美しい作品です。。。!!!

それでは、皆様素敵な1週間をお過ごし下さい。(なんだか複雑な気持ちになってしまったような??)



TITLE: BED J.W FORD – L&G -

- BED J.W FORD / L&G / WHITE -


- BED J.W FORD / L&G / GRAY -


- BED J.W FORD / L&G / NAVY -


春夏シーズンのみにリリースされるベッドフォードの隠れ定番アイテム。表地がジャージー/裏地のレイヤードがローン素材となっており、生地の軽やかさ/抜け感/が程よいバランスでMIXされたデザイナーの” 今 “を気分を反映されたベストアイテム。


- BED J.W FORD-


 Style Name : L&G

 Color : WHITE / GRAY / NAVY

 Size : 0 / 1 / 2

Material :  Cotton 100%

 Price : ¥16,750- (tax inc)


- BED J.W FORD-


Fab4

3F Thanks BLD 2-5-8 Sannomiyacho Kobe city

078-327-8285


FAB4 ON FACEBOOK

FAB4 ON TwItter


TITLE: URU 2014 Spring / Summer ” IMAGINE ”

 各ブランド順調に立ち上がってきました。

昨日、お知らせ致しましたBED J.W. FORD以外にも本日より

URU 2014 Spring / Summer ” IMAGINE “

をスタート致します。

URU初となるカラー ” BLACK “を採用した

今年のテーマは” IMAGINE “

そのメッセージをぜひ感じて頂ければ思います。




 

 

『Accelerate Creativity Accelerate lmagination』
- 想像力(頭)と技術力(手)の加速-

 

 

非日常的な物をより日常に落とし込み

想像(創造)していくこと。

心が豊かになることを日々探求しています。

 

 

- 2014 Spring / Summer -

 

” IMAGINE “

 

 URUは年間のテーマを設け活動しております。

 今年のテーマは ” IMAGINE “

 

 この混迷の時代にしっかり物を想像(創造)することを想いました。

 そしてその表現手段として

 

縫いをテープにて止める手法

裁ち切りの手

幅の広い縫代をパッカリングさせる手法

 

3つの手法を中心に物を創りました。

 

創る過程の話になりますが

生地を創るにしても、縫製をするにしても

こちら側が1つの物事を伝え5つ想像してくれる人達と

仕事が出来ていることもテーマにとても反映しています。

 

URUの洋服を手に取った時に着ていく場所や着方など

 想像を膨らませて欲しいと願っております。