TITLE: BED J.W. FORD 2016 A/W EXHIBITION

Designer : 山岸慎平 Shinpei Yamagishi

「生活の中にある美しさ、儚さを感じられる空間やモノ、また音や映像を自分達の解釈で洋服へ落とし込み伝えたい」という意気込みを自ら「エゴ」と定義した想いから2つのワード「 Narcissist / Romanticist 」をコンセプトに混交した多彩な想いやスタイル、シーズン毎の急進的な実験性・変化が特徴的なコレクションを展開。

 

 

 

彼らと出会ったのは丁度、今から3年前。

2年目迎えたばかりのFAB4は、状況的には

順風満帆とは程遠い、あまり先の見えない時期でした。

 

自分たちの心から応援したいブランド。

そして、ファッションへの情熱ではなく

ただただ、ビジネス的な金銭事情で

判断するブランドの多さにうんざりし

地域性特有の柵やら何やらで

東京から戻ってきたばかりの自分とって

思い描いてたファッションや価値観は

ここにはなく

表現するという云々ではなく

諦めに限りなく近い心境。

 

そんな時に、出会ったのが彼らでした。

まだ、若いブランドだけど熱狂的なファンに支えられているブランドがある

業界内でも有名だった、そのブランドとは当時の BED J.W. FORD 

 

取り扱う以前に、FAB4自体を続けるかどうかという心境だっただけに

初めて彼らに率直に現状を話すと、彼らは、それでも構わないから

一緒に何かできませんか?という返答でした。

 

後は、省略しますが、そんな始まりで今に至ります。

そこから3年、シーズン毎に注目度が上がっていく中

立ち止まることなく前へ前へと、歩んでいく彼ら。

 

ファッションは ” Attitude ” であるという言葉があるように

彼らは、変わることなく次のステージに挑戦しようとしています。

 

 

高い/安い

面白い/面白くない

似合う/似合わない には興味がありません。

 

格好良い/格好悪い

着たい/着たくない それくらいのシンプルで自由で良いと思ってます。

 

 

内側に秘めた想いのデザインへのアプローチが1つの着地点となるコレクション。

内面的に奥深く沈み込むことで生まれた少し癖のある洋服達。

力強い意志とメッセージ。

 

立ち止まることなく進化していく彼らの現在地を

ぜひ、その目で見て感じて頂けますと幸いです。

 

皆々様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

Comments are closed.